賃貸物件を内見した時に、必ずチェックしたいのが水回りです。生活に大きく関わってくるので妥協しないことです。

賃貸での水周りの注意点
賃貸での水周りの注意点

賃貸物件を内見する時は、水回りのチェックが重要です

賃貸での水周りの注意点
賃貸物件の内見の時に必ずチェックしたいのが水回りです。特に築年数が古い物件の水回りはしっかりとチェックする必要があります。万が一水回りのトラブルが発生してしまい、階下に被害が及ぶことになった場合は大変です。場合によっては損害賠償という話しにもなりかねませんので、内見の時は最も気をつけて見ます。

不動産業者の許可をとって、トイレの水を流させてもらい、きちんと水が止まるかも確認します。浴室も水が流せたら流して確認したい所です。浴室が浴槽と床面とが一体型でない場合は隙間がありますので、髪の毛や汚れがその部分に溜まりカビが発生する原因になります。掃除がこまめにできないのであれば、一体型を選んだ方が無難です。

女性が掃除の時に気にする場所が、洗濯機と壁との間にできた隙間です。わずかな隙間なので掃除がやりづらく、埃が溜まります。しかも水と合わさって埃が固まるので厄介なのです。隙間がなければ掃除の手間も省けます。水回りにはこうした隙間がつきものですが、無い場合もあります。賃貸物件選びでは、水回りの事は条件を緩めないことをおすすめします。内見をした時に、汚れ等が残っていたら、不動産業者に入居時までに掃除をしてくれることを忘れずに約束してもらいます。そうすれば綺麗で快適な部屋での新生活をスタートさせることができます。

その他のエントリー

おすすめ情報

Copyright (C)2017賃貸での水周りの注意点.All rights reserved.