北国で賃貸を探す時は、どのような凍結防止対策が施されているかも重要なチェックポイントになります。

賃貸での水周りの注意点
賃貸での水周りの注意点

北国で賃貸を探す時の注意点

賃貸での水周りの注意点
東北地方や北海道など北国で賃貸を探す時は、気をつけたいのが水回りです。寒い地域では雪が降るのは当たり前ですが、皆さんが思う以上に凍結がひどいのです。屋外の水が凍るのは当たりまえですが、室内の水が凍ることもあるのです。もちろん最近の家や、本当に極寒の地域では室内で水が凍らないような作りにはなっているようです。だとしても数日間家を空けたり、ひと気がなかったりすると想像以上に家の中は冷えてしまうのです。

屋外・室内で水が凍ったからって大した問題ではないと思われるかもしれませんが、実は想像以上に大問題なのです。水道管が凍ってしまったら、それはそれは大変です。水がでなくなるのは当たりまえですが、水道管が割れてしまたら溶けたときにそこから水が漏れまくるのです。なので、寒い地域では水道管に凍結防止のヒーターを巻きつけていることが多いのです。ただ、ヒーターを巻きつけていない場合は、不凍栓と言われるものがついていて、寝る前などに水を落とさなければいけません。その不凍栓が家の中にあればいいですが、外にある場合もあるので、寝る前に一度外にでなければいけなと言う家もあるのです。またヒーターが巻いてあっても、プラグをコンセントを挿さないと効果を発揮しません。北国で賃貸を探す時は、凍結防止対策についてもしっかり確認したいチェックポイントです。

その他のエントリー

Copyright (C)2017賃貸での水周りの注意点.All rights reserved.