賃貸マンションを選ぶ際に重視した事や日々の掃除について、私が普段行っている事を紹介しました。

賃貸での水周りの注意点
賃貸での水周りの注意点

賃貸マンションを選ぶ時の水周り注意点

賃貸での水周りの注意点
私たち主婦にとって毎日の暮らしの中で、キッチンのシンクや洗面台、バス・トイレなどの水周りは気になる箇所の一つです。私は現在賃貸マンションに住んでいますが、部屋を選ぶ際に気を付けた点や日々の手入れなどについて紹介します。

まず最初にキッチンのシンクについてです。まず私がこだわったのが、ある程度の大きさがある事。最近のシンクは大型のものが多いようですが、築年数によっては意外に小さく感じるシンクも多いです。そして洗い易さも重要な点です。ホース式の水栓であると水が直接届き、洗い流しやすく便利だと思いました。錆びたり、汚れやすい場所なのでお手入れは毎日食器洗いの後に行っています。洗面台は高さや鏡の大きさ、コンセントの差し込み口に注意しました。高さや鏡については個人的な好みなのですが、私は身長が高いので洗面台はある程度の高さである方が使いやすいのと、鏡は上半身全体を映してくれる位が便利だと感じています。コンセントの差し込み口は使用可能ワット数も確認しました。持っているドライヤーやヘアアイロンの使用に問題がないか確認する為です。汚れは特に歯磨き粉の飛び散りや抜け毛が落ちているのが気になるので、寝る前にさっと掃除しています。毎日であれば軽くこすり流すだけできれいになっています。バスやトイレは換気扇がついている事を重視しました。バスは素材にもよりますが一日中換気扇を付けていればある程度カビの発生を防げると感じるからです。トイレは臭いを速やかに排出する為にやはり換気扇が欲しいです。バスの掃除は、お風呂掃除の時についでに壁なども洗い流しています。ピンク汚れやカビが発生した時にはカビ取り用洗剤を使用します。トイレは週に一回、専用洗剤を使用してのこすり洗いと紙製のクリーナーで便座等を拭き掃除しています。

基本的にはこれまで住んでいた部屋で、こうだったら良いのにと希望していた事に叶う水周りの物件を選びました。

その他のエントリー

Copyright (C)2017賃貸での水周りの注意点.All rights reserved.