水周りは、賃貸を借りる時には分かりにくく、住み始めてからトラブルに気が付くものなので、しっかり注意しましょう。

賃貸での水周りの注意点
賃貸での水周りの注意点

賃貸住宅の水周りの注意点

賃貸での水周りの注意点
賃貸で部屋を借りる時にチェックしておきたいものに、水周りの状態があります。実際には、部屋を借りて水道を使えるようにしてからでなければ、水周りのトラブルには気が付きにくいのですが、入居前でもチェックできるところはしっかり見ておきましょう。

まずは、天井や壁に水の通った後のようなものがないかを見てみましょう。過去に上の階からの水漏れがあって、きちんと張り替えていない場合には、色が変色していたり線がついていることもあります。それと、シンク下や洗濯機置き場の排水管などを見てみましょう。錆びついていたりカビが生えていたら、そこから水漏れがしてしまうのかもしれません。気になった場所は、全て写真に撮影しておきましょう。

入居後には、トイレやお風呂、キッチンの水道をしばらく出してみて、排水状態を確かめましょう。私が以前住んでいたアパートでは、お風呂の排水管に髪の毛がびっしり入り込んでいたようで、排水が悪かったこともあります。排水の悪い部分など、トラブルを発見したら、すぐに不動産業者に連絡して、対策をしてもらいましょう。水周りのトラブルは、自分の部屋だけでなく、下の階に住む人に迷惑をかけてしまうこともあるので、なるべくしっかり対策を心がけるようにしましょう。

その他のエントリー

Copyright (C)2017賃貸での水周りの注意点.All rights reserved.