一人暮らしの賃貸の部屋を汚部屋にしないために、収納のコツと、シンク、トイレ、お風呂の掃除方法について。

賃貸での水周りの注意点
賃貸での水周りの注意点

賃貸物件での一人暮らしでも水廻りを綺麗に保つコツ

賃貸での水周りの注意点
この春から実家を出て賃貸物件で一人暮らしを始める人は、これからの生活に期待と不安を抱いている時期ですね。一人暮らしの生活で心配な事は料理と掃除ではないでしょうか。毎日外食していては仕送りが無くなってしまうし、学校にアルバイトと忙しい生活になるとせっかくの部屋のが汚部屋に、なんて事になってしまいますね。そんな不安を感じている人にお掃除のコツを紹介します。まずお部屋のお掃除は何と言っても収納の出来にかかっていて、綺麗な部屋の為には物を少なくする事です。そして、賃貸だからといってとりあえず並んでいれば良い、程度の収納ではなく、きちんと見えないように収納できるスペースを作る事です。収納スペースを超える物を購入しない、スペースが無くなったら古い物を捨てる、という事です。

また汚れが溜まってしまうと困る場所はなんていってもキッチン、トイレ、風呂、の水周りです。水周りは毎日使う場所ですので必ず汚れます。そして一度汚れると掃除がとても面倒になってしまう場所です。特に水廻りはカビを生やさないように気をつけましょう。お手入れはキッチンシンクは専用の布巾を決め、1日の終わりには水が残らないように拭きましょう。トイレ掃除は目に付かない便座のフチ裏の掃除を忘れがちです。トイレの汚れは一度石灰化するとこびりついてスポンジでこすっても落ちなくなるので、フチ裏までしっかり掃除しましょう。またお風呂は狭いユニットバスですとシャワーカーテンが必要になりますが、シャワーカーテンはカビの温床になります。時間がある時には取り外し、ベランダで日に当てたり、カビ取り剤を使用すると綺麗になりますよ。

その他のエントリー

Copyright (C)2017賃貸での水周りの注意点.All rights reserved.