殆どの住人が住宅用賃貸総合補償保険に加入する事になっているので、水漏れの修繕負担は住人にありません。

賃貸での水周りの注意点
賃貸での水周りの注意点

賃貸の水周りのトラブルについて

賃貸での水周りの注意点
私はずっとアパート住まいをしております。賃貸暦は20年くらいになるので今まで色々トラブルはありました。今、多くの賃貸は入居の手続きの際に強制的に火災、震災、カギあけサービス、水漏れトラブル等々を含めた住宅用賃貸総合補償保険に入らせるようになっております。私も二年に一度、大家の決めた賃貸総合保険の契約の更新をしております。毎回15,000円支払っております。

最近のトラブルで言うと、私の部屋のガス給湯器の室内の管から「プシュー」と変な音が一度しました。「ん?」と思うも、また「プシュー」と音をたてたのでまず大家に連絡しました。駆けつけた業者によるとガス給湯器の管は二階の私の部屋から下の居住者の部屋に一本で繋がってるのですが、どうも一階の方で水びだしになってしまってるらしいのです。水周りなど、上の階でトラブルが起こると下の階にも影響があるので両方の部屋で修繕が必要です。少しでもおかしいと思ったら、すぐにまず大家に連絡した方がよろしいです。今回、給湯器は新しいのですが、接続する管が古かったため、管だけの交換工事で済んだようです。もちろん、賃貸ですので、我々住人には一切費用はかかりません。これは賃貸のよい点だと思ってます。

その他のエントリー

おすすめ情報

Copyright (C)2017賃貸での水周りの注意点.All rights reserved.